小児矯正のメリット

小児矯正がなぜ重要なのか

大人になってから矯正することもできますが、顎の成長が終わっているために理想的な噛み合わせや歯並びに出来ないことがあります。
小児矯正では、顎の成長をコントロールしたり、歯並びを悪化させる癖をなくすことで、最小限のコストで理想的な噛み合わせや歯並びに誘導することができる場合があります。

小児矯正のメリット

あごの成長をコントロールすることができる

顎の骨の正常な成長を促して、正常な噛み合わせと歯並びを作ることができます。顎の骨の成長が小さすぎる場合や大きすぎる場合、上下の顎の骨の大きさのアンバランスがある場合に、子供の時から矯正を始めることでアプローチできます。

噛み合わせや歯並びを悪化させる癖をなくすことができる

噛み合わせや歯並びの発達を悪化させる原因をなくして、正常な噛み合わせと歯並びを作ることができます。

後戻りが少ない

矯正治療終了後、装着を外すと元に戻る動きが生じます。
幼少期より治療を行うと後戻りが少なくなります。

抜歯の可能性が低い

現代人は顎が細く歯が大きい為、歯が並ぶスペースが不足して重なってしまう事が多くあります。
幼少期は骨格が柔らかい為、顎の骨を拡大してスペースを作る事が出来るので、抜歯しなくて済むケースが多数あります。

お口の本来の機能を取り戻す

マウスピース型矯正装置を使用する事により、舌の動きのトレーニングを行ったり、上顎を拡大する事により鼻の通りが良くなり口呼吸が改善されます。
その結果お口の機能が改善され、健康な生活を送れる様になります。
これらにより、二期治療(成長が終わってからの矯正歯科治療)が必要なくなったり、期間を短縮できることがあります。